介護業界への転職を成功させるために

介護業界が提供しているサービスを必要としている高齢者やその家族は多く、全国各地で介護施設や事業所が運営されている。しかし施設によっては需要に追い付いていない地域もあり、低価格で手厚い介護サービスを受けることができる特別養護老人ホームなどは、数年先まで入居希望者でいっぱいというケースもある。
また介護施設によっては仕事内容や勤務体制が過酷で、寝たきりの高齢者や重度の認知症を患った高齢者が入所する特別養護老人ホームでは、身体的負担の大きな入浴サポートを中心とした身体介護作業が多くなる。また24時間体制で介護サービスを提供するため夜勤勤務も多く、精神的なストレスも大きい。離職率も高く慢性的な人手不足が続いているため、在職中のスタッフにはさらに負担がかかっている。

一方、決して楽というわけではないが、身体介護作業や夜勤勤務がない介護施設もある。機能訓練型デイサービスは身体介護の必要がない高齢者がリハビリテーションを受けに来る施設なので、入浴介助などの身体介護はなく、日中利用のみなので夜勤をする必要もない。このように介護施設や提供するサービスの種類によって勤務状況は違い、介護業界への就職や転職を希望している人はこの辺りをしっかりと把握しておく必要がある。
何も考えずに介護業界という事だけで勤務先を決めてしまっては、仕事が長続きしないかもしれない。自分の希望する勤務条件を決めておき、その条件になるべく近い介護施設を選ぶことが転職に成功するポイントと言えるだろう。